ランニングコスト

会社とは法律用語で営利を目的とした法人のことをいいます。
人間は、未成年者など、保護を目的として保護者を指定し、権利義務を制限することはあるものの、
原則として誰もが生まれながらに権利義務の主体となることができ、法律用語でこれを自然人といいます。 

遅れないように

これに対して法人は、登記によって誕生するので、会社設立登記は会社の出生届ともいえる大切な手続きです。 
日本の歴史上長く政治経済の中心でもあった京都は、現在は歴史文化、観光で注目されていますが、
京セラをはじめとしたベンチャー企業出身の大企業も数多く拠点を置いています。 

会社設立の特徴は、会社自体が法的に人格を持つため、他人からの出資を株式という形で募り、
共同経営することができる、代表取締役の交代などで、経営者がスムーズに交代することが
できるなどのメリットに加えて、ランニングコストでは税率の違いに注目します。

注目を集める

個人の事業所得は、所得税が5%から最大40%以上に累進するほか、
住民税が10%かかるので、所得が大きくなると実効税率は50%を超えることもあります。 

一方、法人税の実効税率は30%以内に抑えられているため、
事業の利益が大きいほど税負担は軽くなります。 

また、京都は今や知らない人のない大企業である京セラがベンチャー出身であったように、
ベンチャー育成にも力を入れているので、税制や補助金なども要チェックです。

  • ■京都にて会社設立
  • ■ 起業する理由
  • ■ 何人で始めるか
  • ■ 必要な費用
  • ■ 起業の3ステップ
  • ■ サイトマップ
  • ■ 助成金
  • ■ 必要書類
  • ■ 手順
  • ■ ランニングコスト
  • ■ 相続税
  • ■ 運転資金
  • ■ レンタルオフィス
  •   
  • ■ 経費
  • ■ 労務手続き